せどりとは

 

  

せどりとはなんでしょうか

 

古本屋で安く本を仕入れ、ネットに出品し、

値段を釣り上げ、出来るだけ高く売りさばく。

一般的に、そういったイメージが強いと思います。

 

 

しかし、儲け話の一つだと思われている方は先ず長続きしないでしょう。


金額もせいぜい10万止まりです。

 

 

実際に僕も始めはそういう風に考えていたところがあり、

口座にお金が振り込まれた時には罪悪感さえ認識しました。

 

 

そんな中です。

購入者からの届いたメッセージ。

 

・どおしても読みたい本でした。

 中古しか無かったので申込ましたが、

 新品の様な、とても良い商品でした。

 大事にしたい本となりました。

 

・とても丁寧・迅速な対応に嬉しく思いました。

 急ぎで欲しかったのですが、その無理難題にも答えてくださり

 とても助かりました。 本当にありがとうございました。

 

・本日無事商品到着しました。一箇所書き込みがあるとのことでしたが、

 普通なら気が付かないような場所で、

 そのようなところまでチェックしてくださっていることに驚きました。

 ありがとうございました。 

 

・とても状態が良く、綺麗な本で大変嬉しいです!

 梱包もご丁寧にして下さいました。

 この度は迅速に対応して下さり、どうもありがとうございました。

 アマゾンで直筆でのお手紙を添えて頂いたのは初めてで感動しました!!

 また機会がありましたら是非とも宜しくお願い致します。

 

喜んでお礼のメールまで送ってくれる購入者達がいる。

あの罪悪感は一体何だったのでしょうか

 

このようなメールをいただいて僕は考えを改めました。

 

一般では入手し辛い本を探し、コンディションを整えて大切に保管し、

それを本当に必要としている人が目に付き安いメディアを使い、

注文が入れば安全に、迅速に届ける。

 

せどりとはそういうビジネスなのだという事を。

 

 

僕の本業はサラリーマンで家族もいます。

そして会社もせどりも一つのビジネスとして考えています。

ゆくゆくはせどりから始めるネットビジネスで起業しようと真剣に考えていますし、

寝る暇さえ惜しんで勉強しています。

 

 

ですので、仕事中に居眠りしたり、ネットでサボったり、遅刻したり、

バイト感覚でやっている人達とは、たぶん意識が違います。

 

しかし、僕も昔はそうでした。

 

飲んだ次の日なんか特に仕事中寝てたし、

昼食後は決まって仕事中に居眠りしていました。

仕事中にいくら起きようと思っても起きていられませんでした。

毎日のように怒られ、酒を飲み、遅刻を繰り返していました。

週に2、3回は遅刻してました。そりゃ怒られますよね。

 

でも・・・

本気で努力し始めた時から眠くても眠れなくなったのです。

 

強い意識が眠気を上回ったのです。

 

 

せどりは最も努力が反映されるビジネスだと思います。

それは言い換えれば、努力しなければ稼げないビジネスです。

 

 

実際に、たくさん稼いでいる人達がいます。

毎日100冊近く仕入れている人達がいます。

CDやDVDなど新たなジャンルを身に付けようと、日々努力している人達がいます。

みんな見えない所で努力していますよ。

 

売り上げが伸びないのであれば、

もっともっと強い意識を持つ事から変えていきませんか。

 

本気でやりましょう。

 

例えば2012年夏から始めてもすぐ稼げるようになるビジネスです。

こんなネットビジネス僕は他には知らいないです。

 

 

 

 

せどりのやり方はこちらです。

 

↓ ↓ ↓

 

 

 

せどりのやり方

2012年6月6日

このページの先頭へ