新品雑誌せどり無料ノウハウ・コツ・やり方をかき集めて公開してみる

▼新品雑誌せどりの無料情報を集めました。

 
ノウハウ・コツ・やり方全てこれだけで充分過ぎるほど集めました。
 
最後までご覧下さい。^^
 
 
 
 
 
『携帯のカメラでの撮影はご遠慮下さい』
 
 
 
 
 
あまりにも新品雑誌せどりが流行っているようで、
 
近所の本屋でさえも貼り紙が貼られておりました。
 
 
 
 
 
明らかに雑誌周辺に貼られており、新品雑誌せどりを警戒したものです。
 
まとまって売れて本屋が迷惑になるのでしょうか?
 
それだけせどらーのマナーが悪いという事ですよね^^;
 
あとは定期購読されている一般客の分がなくなってしまうとか・・・。
 
 
 
 
 
なにはともあれ流行っています。
 
 
 
 
 
僕はオススメしていないのにお問い合わせが来るくらい、
 
 
 
あまりにも流行っています。
 
 
 
実践自体は去年の時点で既にやっています。
 
 
 
 
 
そんな僕でよろしければですが・・・
 
アドバイスがあります。
 
 
 
 
 
▼先ず【注意点のアドバイス】です。
 
 
 
 
 
『早く売り切る事と深追いし過ぎない事』です。
 
 
 
 
 
しかしながら稼げる雑誌を見つけると同じ雑誌を大量に買いたくなります。
 
それが大きな稼ぎへと繋がるからです。
 
 
 
 
 
それでも『早く売り切る事と深追いし過ぎない事』を注意点として僕が挙げたのは、
 
リスク回避の為です。
 
新品で全国の店頭に置いてある状態だからこそ、
 
絶対的リスクが付き纏うのです。
 
 
 
 
 
プレミア値(定価以上)となっている新品雑誌って
 
ほとんどが定価以下に収束していきます。
 
 
 
 
 
流れとしまして・・・
 
 
 
 
 
新品が切れる
 
 
 
 ↓
 
 
 
中古が売れる
 
 
 
 ↓
 
 
 
定価以下の中古が売れ切って定価以上が残る
 
 
 
 ↓
 
 
 
【稼げる状態】突入!
 
 
 
 ↓
 
 
 
【荒稼ぎ状態】継続!
 
 
 
 ↓
 
 
 
他者出品数が増えてくる(他のせどらー参戦)
 
 
 
 ↓
 
 
 
全国に在庫がある雑誌は1円まっしぐら・・・
 
 
 
 
 
ほとんどがこの流れに当てはまるのではないでしょうか^^;
 
だって過去に発売された雑誌のほとんどが1円となっていますよね。
 
 
 
 
 
リストも時間の経過に伴い暴落していっていますよね?
 
何年かプレミア値が続く、実績のあるリストとはわけが違うのです。
 
 
 
 
 
【プラス面のアドバイス】としては
 
 
 
 
 
『過去にプレミア化しているシリーズを狙う事』
 
 
『付録があるものを狙う事』です
 
 
 
 
 
過去にプレミア化された実績があるシリーズであれば
 
それだけ需要が確かなものという実績が証明されていますので、
 
1円になっていく可能性が低くなります。
 
 
 
 
 
付録があるものを狙う事は説明するまでもないでしょうか^^;
 
 
 
 
 
付録が雑誌の定価以上に価値があるものが多いですよね。
 
出版社も定期購読確保の為にも、豪華な付録を付けているようです。
 
 
 
 
 
付録雑誌は寝かせても売れていきます。
 
一応、付録雑誌では以下のような実績があります。
 
 
 
 
(ブログの過去記事です)
 
 
 
 
 
以上、新品雑誌せどりをオススメはしていませんが、
 
僕の新品雑誌せどりをする上での助言となります。
 
 
 
 
 
 
 
▼最後に・・・
 
 
 
 
 
7つの新品雑誌せどりお役立ちノウハウ集の紹介になります。
 
※注意 全て無料です
 
 
 
 
 
最近は新品雑誌せどりのノウハウが【次々に暴露】されていますね^^;
 
有料級ノウハウが無料で出回っているものを『厳選』してみました。
 
恐らくこれを全部読めば、新品雑誌せどりのノウハウは問題ないでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
下記3点についてまとめられております。
 
特に【探し方】が意外なアプローチで参考になります。
 
『定価越え商品の探し方』
 
『実際に書店などで仕入れることができたリストと仕入れのポイント』
 
『付録付き雑誌・コミックせどりのメリット・デメリット』
 
 
 
 
 
 
 
 
新品雑誌せどりで『稼げるあるジャンル』の紹介です。
 
新品雑誌に限らず幅広く応用が可能です。
 
特に僕はこの●●なジャンルで幅広く応用を利かせ、
 
様々な媒体で稼いでいるという実績があります。
 
是非とも覚えておきたい『覚えておくべきせどりジャンル』です。
 
 
 
 
 
 
 
 
新品雑誌せどりの【リサーチ方法】が細かく暴露されちゃった感じですね。
 
これだけでも有料級の情報に該当していると思います。
 
無料で入手出来るので必ず見ておくべき新品雑誌せどりのノウハウです。
 
新品雑誌せどり以外にもAmazonでの【電脳せどりの基本的・革新的手法】です。
 
 
 
 
 
 
 
 
付録雑誌の梱包についてまとめられています。
 
FBAでのプチプチ梱包時シール貼り付け位置についてはそうだったのか!
 
と感じました。梱包は適当にやってはもったいないです。
 
基本ノウハウですが個人的には重要だと感じています。
 
 
 
 
 
 
 
 
新品雑誌せどりに限らず、売れる雑誌のジャンルが紹介されています。
 
雑誌せどりのとっかかりとして覚えておくべき情報です。
 
20ページの『車でも●●的なものがいいです』はオススメです。
 
また、22ページの『●●系なものです』は特にオススメしておきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
中古雑誌を新品雑誌で売ろうというノウハウです。
 
個人的にはオススメ出来ませんが割り切って実践するのであれば
 
稼ぎのプラスアルファ、ベースアップに成り得ます。
 
【裏技ノウハウ】の位置づけです。
 
 
 
 
 
 
 
 
在庫を持たず、売れてから売るというこれも【裏技ノウハウ】です。
 
オススメする事は出来ませんがこういった出品者・ライバルも、
 
こういったノウハウも、Amazonやせどりでは存在します。
 
せどりにはまだまだやりようがあります。必ず覚えておいてください。
 
 
 
 
 
 
 
▼PS
 
新品雑誌せどりについて興味がありましたら、
 
上記無料の情報には目を通しておいて下さい。
 
 
 
正直な話、新品雑誌せどりは上記だけで充分かと思います・・・。
 
 
 
これで稼げなければ新品雑誌せどりは諦めて良いと思います。
 
他のそれぞれのお店・環境に合った手法を模索・実践してみて下さい。
 
必要な情報はこれからも配信していくつもりですので^^
 
 
 
では、また次回ですね!

 

タグ

韓流せどり(シリーズ雑誌せどり)

▼韓流の雑誌せどりのお話です。

 

¥250⇒¥1349

 

このシリーズはどれも値段がついていましたので、

まとめてガッツリと仕入れました。

 

 

雑誌せどりの大きなメリットの一つとなりますが、

雑誌せどりではシリーズをまとめて仕入れる事が可能です。

 

店頭でも綺麗にまとまって同じ棚に揃えているので、

回転雑誌が見つけやすかったりします。

 

また、次から次へと発行しているので根付きの隙が多く感じます。

 

今更雑誌せどり、、、

 

 

なんて思われるかもしれませんが、

自分自身の環境に合った最善の仕入れが出来ているか。

 

 

これがせどりで稼げるか稼げないかへ、

直結しているように僕は感じています。

 

 

自分の環境、スタイルに合った仕入れを確立する。

 

 

先ずは様々なせどり手法を知る事、挑む事、考察する事で

新しい道が開けるのではないかと思います。

 

 

ではまた次回ですね

 

メルマガも是非ご登録下さい

タグ

AKB48の雑誌せどりが売れすぎの件

▼AKB48の雑誌せどりが売れすぎです。

 

理由は前回解説したとおりですが、

 

続けてもう1度売れています。

 

そしてまた売れました。

 

 

 

¥350⇒¥1999 

 

 

今、AKB48の総選挙前の勢いが凄いです

 

実はAKB48のグッズ転売ってホント勢いが凄いんですよね。

 

毎回出している握手券CDとかも何回も売れていますし・・・

ハンパないっすわ・・・

 

っていうかsmartのバッグナンバーを見ていったら・・・

全部AKB48のメンバーが表紙じゃん!!

なんなんだこれ・・・

 

 

おいおい・・・

 

 

しかも全部付録つきやん!

 

コレ、新品雑誌せどり出来ませんか?笑

 

 

 

 

 

 

▼好評のゲームせどりツールですが

こちらから入手出来ます

まだの方は確実にダウンロードしておかないともったいないです。

ゲームせどりのリスト約30,000件をたった3ステップで入手する手順について

1.上記URLより電脳ゲームせどりツールをダウンロードします

2.ツールの「ランキング抽出タブ」を選択

3.「この一覧をCSV形式でダウンロード」

 

ゲームは数が限られているので高額ゲームリストを覚えれば

かなり立ち回りやすいようです。

是非これを無料で入手して仕入れにプラスアルファして下さい。

 

ではまた次回ですね!

 

メルマガも是非ご登録下さい

タグ

AKB48総選挙前だから!?

AKB48総選挙前だからですかね?

 

先日も同じようなのが売れたのですが、今回もです。

  

¥350⇒¥1999

 

ちなみに購入者は別の方です。

 

仕入れ値が安いので雑誌はやはり利益幅が大きいですね。

 

 

コンディションが悪くなりやすいので取り扱い辛さは感じますが、

雑誌は積極的に攻めて行きたいジャンルですね。

 

実は僕、雑誌についてはまだまだ未開拓の部分が多く感じています。

売れた実績のあるシリーズやジャンルをメインにやってましたので当然ですよね?

 

 

こんな雑誌もいけるなんて思いませんでしたし(笑)

 

25P辺りからのゾーンです

種類が多いし見る気全くなかったんですよね^^;

 

知らず知らず過ごしてきたなんてもったいなかった…

※現在はブックオフへ行きたくて仕方ありません(笑)

 

 

▼PS

ちょうど2ヶ月経つのですが何故か検索がぐっと増えました。

盲牌せどりで検索されて来る方が増えてきてちょっと嬉しいです^^

 

ではまた次回ですね!

 

メルマガも是非ご登録下さい

タグ

AKB48雑誌せどりFBA手数料

男性向けファッション誌です。

¥350⇒¥2677

これが\2677で売れていきました…。(ホッ)

 

まぁ売れていきましたというか、

お値段つけて出して価格改定対象外にしたからなんですけども^^;

 

 

本ですのでもちろんコンディションは中古でしか出せません。

 

表紙が気になりますよね!

 

AKB48の小嶋陽菜が表紙になっていたりします。

 

 

「だからかー」

 

 

何て声が聞こえてきそうです。

雑誌の表紙は値段に影響しますよねー。

 

でも・・・

最安値は1円です。

 

 

1円本もあるのに何故2677円で売れたと思いますか?

 

少し理由を考えてみましょう。

 

 

数えてみると4つも要因がありました^^;

 

 

 

 

 

 

 

・コンディションが良かったから?

⇒正解です。

 

・付録がついてたから?

⇒それも正解です!

 

・出品コメントでプッシュしたから?

⇒それも!

 

・FBAだったから?

⇒そうです!

 

コンディションプラス出品コメントプラス特典プラスFBA!

ラブプラスです(謎

 

 

付録つきでコンディション良かったら最安値とか無視できちゃいますよね。

こんな値段で行けるなら新品で寝かせてても良いのでは?

 

とも感じてしまいます。

 

 

テクニックというかやるかやらないかだと思うのですが、

 

FBAって最近まで募集締め切ってたんですが再開してますね!

 

どんなサービスか一言で言うと

在庫管理から梱包に発送までAmazonが代行します!

 

まぁそんな感じのサービスです(笑)

 

極端な話、旅行中に商品が売れる連絡を携帯から眺めているだけですからね。

※あ、もちろん手数料はかかりますよ!

 

2012年8月20日付でAmazonはFBAの手数料を改定予定ですが、

僅か20030円とかの値上げレベルなので、

(100円程度の間違いでした)

 

正直気にしなくても良いかなぁというのが僕の感想です。

 

価格画像

 

 

 

まだFBAを導入されてない方は検討中でしょうかね。

 

いやいやいや、

せどりスタイルは今や様々ですからね。

 

 

専業や副業、車や電車、薄利や厚利、中古や新品、店舗や電脳・・・

 

キリがないですよね?

 

どういうスタイルが稼げるのかは環境などによると思いますし、

 

色々なスタイルでデータ取って挑戦してみる事を僕はオススメします。

 

因みに僕のスタイルは何でも仕入れる薄利タイプが以前までの主でしたが、

最近では新品・電脳へも大分手を染めてきています。

以前からヤフオクで何でも売ってきてた経験がありますし、

色々挑戦してみる事や開拓してみる事を大事にしています。

 

そういった意味でも、

柔軟に構える為にもFBAは導入しといた方が良いと思います。

 

やっと募集再開したのにすぐ締め切られたりしたら、

後で試してみる事が出来ないですからね。

 

 

▼PS

全商品のコメントを一括で直したり在庫整理したりも経験がありますので、

もし、そんなレアなお問合せがありましたら相談にのります。

 

ではまた次回ですね!

 

メルマガも是非ご登録下さい

 

⇒手数料の記事一覧はこちら

 

タグ

雑誌せどり「週末ヒロインももクロ」プロフィール作成とFBA出品作業

▼週末ヒロインももクロが出てる雑誌が売れました

ももクロ効果です!

最近メディアへの露出が激しくなってきましたね^^

600円⇒2228円

 

ランキングありませんがももクロ投資で購入しておいたものです。

ももクロって最初はパッとしないと思っていたんですが、

新感覚で結構見てると面白い事やっているんですね^^

 

 

▼プロフィール2を作成しました。

結構時間かかってしまいました・・・

プロフィール最下部からリンクがありますので、宜しければですがご覧下さい^^

 

 

▼FBA出品作業をこれからやろうと思います。

気づいたらあと一週間で今年度も終わりですね!

また、新学期始まりますので古い教科書等もまだ拾えそうです^^

 

 

ではまた、明日ですね!

 

メルマガも是非ご登録下さい

タグ

雑誌せどりの破壊力、売れるジャンルとせどりのコツ

▼今日もサクッと仕入れてきました。

定時帰宅でウマウマとツモれました。

時給4万の仕入れです^^

 

▼今日は雑誌について書こうと思いますが、

みなさんは雑誌ってせどりますか?

amazonのランキングが表示されないから不安ですよね、

みそも最初はスルーしてました。

 

順位不明だし、

汚いし、

大きいし、

105円じゃないのもあるし、

何より月一で出てたりするから、沢山あり過ぎ!

 

でも雑誌って105円が多いし、ライバルも少ないから穴場も多いですよ!

 

じゃあどうしてるかって気になりますよね^^;

実は、みそはとりあえず片っ端からサーチしています(笑

 

っていうのは極端な例ですが、気になったら3冊ずつサーチしてみます。

全部1円本だったらその雑誌はもう見ません。

少しでも値段がついてたら深追いしてみます^^

 

いや本当にそんな感じです、ぶっちゃけ。

ただ、シール色を頼りに、当たった事ある雑誌・ジャンル、売れる人物の特集が見えたら追います。

 

 

・当たった事ある雑誌・ジャンル

・売れる人物の特集

・シール色を頼りに

 

時間ない時とか、やる気ない時はこれですね、みそは。

 

 

少しですが今日はこれらを紹介してみます。

 

▼音楽と人

結構105円であるので見かけたらサーチしますね。

105円⇒1000円とか普通です。

※みそは1000円以上でツモです。

 

ビジュアル系  は結構高くても後からファンになった人が買ってってくれます。

今日は「ビジュアル系 」という言葉だけは覚えて帰って下さいね^^

 

 

 

▼ダヴィンチ

これは500円以上の本か、 新しい号が105円であれば仕入れます。

向井理君とか妻夫木君とか、そういった優しそうな俳優だったら売れます

※これはみその適当な感触です(笑

とりあえず新しい号(三ヶ月程度)は売れると思います。みそは売れています。

 

 

 

▼ゲーマガ

おまけ有無に注意して下さい。

無ければ最低価格を参照し、有れば「おまけあり」の出品価格を調べて下さい。

※みそポインツ!

 ・おまけが未開封であれば・・・

 ・出品コメントを見て「未開封」と記載している人がいるか確認します。

 ・いればその価格を目安にします。

 ・例え未開封の出品者がいたとしても出品コメントに書いていなければ、

 ・購入者は未開封だと判断できません。

 ・「未開封」は絶対おして下さい。

 

 

 

▼また脱線しますが・・・

本の状態が良ければ、それなりのコメントや「非常に良い」で出品しています。みそは。

必要以上に遠慮し過ぎるのは勿体無いですし^^;

 

綺麗な本は高く値段設定出来るので、

仕入れ時にそれも考慮すれば、極端な話で言うと最低価格が1円でも仕入れる事が出来ます。

また、評価が他の出品者より多ければ売りぬける確率もアップすると思います。

 

 

▼ちなみに・・・

みそは評価を高確率で貰う方法を編み出し、一気に評価を集めました。

その確率、約2割・・・

 

微妙ですかね?

最初は全然評価増えなかったので、それなりに高い確率だとは思うのですが^^;

始めたばかりの頃は低評価がもろに 「%」 に反映されますので売上に響きますし。

 

長くなってしまいましたので、評価に関してはまた次の機会にアップします^^;

 

 

▼雑誌せどりからなんだか大きな話になってすみません!

要は雑誌は105円⇒1000円出来ますよ、破壊力ありますよって事です。

10冊仕入れても1冊売れれば大体トントンです。

105円なので貯金だと思って買ってきましょうよって感じです(笑

 

 

ではまた、明日ですね!

 

—————–

2012/8/17追記 出来ました!

↓ ↓ ↓

タグ

このページの先頭へ