Amazonの評価を集める方法!

▼ついに前回お伝えしていたせどりの仕入れのフロー

 
『秘密の鍵』が出来上がりました。
 
 
 
『Amazonの評価が集まりにくい』というご相談を受けました。
 
特にこの方はヤフオクをやられていた方でしたので
 
Amazonでの評価の付き具合に不安を抱えられていたようです。
 
 
 
僕もヤフオクからこの世界に入った人間ですので
 
最初は同じように感じていました^^
 
誰もが感じる事なのかもしれません。
 
 
 
しかしながら、
 
 
 
しかしながら評価は売上を上げる為に評価は重要な要素の1つです。
 
それ以前に売る為に『評価はもはや必須』とも言えるでしょう。
 
 
 
こんな例を考えてみましょう。
 
 
 
個人事業主になりたいと思っています。
 
登録方法などが載っている書籍を買いたいと思います。
 
ネットで検索するとAmazonが表示されたので、
 
Amazonで購入しようと決めました。
 
 
 
画像とレビューと商品説明を見て調べ、
 
買おうとする入門書を決めました。
 
 
 
新品では¥1680でしたが、
 
中古だと¥1179からと表示されています。
 
 
 
安いので中古のページを見る事にしました。
 
中古のページでは多数の値段で様々なお店が出品していました。
 
 
 
それぞれ本のコンディションや値段が違うようです。
 
¥300で本のコンディションが「良い」となっており、
 
それ以下では「可」となっています。
 
 
 
汚い本は臭いし読む気がしないので、最低限「良い」で買いたいです。
 
コンディションが「良い」の本を出しているお店が3つありました。
 
 
 
出品コメントを見ると、「多少スレがあります」そういうお店が1つありました。
 
その為、購入を検討しているお店を3店を2店へ絞りました。
 
 
 
しかし、
 
ここで気づいたのです。
 
 
2店へ絞ったのは良かったのですが、
 
1店は新規出品者(評価ゼロ)ともう1店は評価が7件だったのです。
 
 
 
他を見ると評価100件を越えているお店が多いです。
 
中には1000件や1万件の評価を得ているお店もあります。
 
不安に感じたので、絞った2店より値段の高い方へ画面を下にスクロールしていきました。
 
 
 
そして更に気づいたのですが、
 
先ほど削った「多少スレがあります」と書かれたお店の評価が100件でした。
 
 
 
「多少スレがあります。」と書かれていても評価が100件なので実績があります。
 
お店として正直に接客をしている感じがしてきます。
 
 
 
そして何よりお店への安心感を認識します。
 
さらに、評価がない残り2店からは疑わしさすら感じられてきてしまいます。
 
 
 
本当に「良い」なの?
 
スレがあっても書いてないだけなんじゃない?
 
嘘つくようなお店だから評価がないんじゃない? 
 
 
 
と、だんだん不安な妄想が膨らみます。
 
 
 
僕たちはネットでものを購入する事や
 
ネットでクレジットカードを使う事がもはや当然のような世界になってきているかと思います。
 
 
 
しかしながら、多くの現実では、
 
ネットで物を購入することに抵抗を感じる人が大勢いるのです。
 
 
 
誰もが慎重になります。
 
 
 
ネットで購入する場合、物を手に取って確認する事が出来ない為、
 
慎重になるのは至極当然の事です。
 
 
 
ここまでの説明で薄々察していただけたかと思いますが、
 
僕たち出品者は、
 
購入者の「ネットで購入=不安」
 
という意識を拭ってやる必要があるのです。
 
 
 
購入者の不安を拭ってやる為の重要な要素として、お店の評価が存在するわけです。
 
 
 
それはすなわち、評価が少ないと・・・
 
売上を上げるどころか、売る事自体が難しくなってしまうという事です。
 
 
 
再度になりますが、評価は重要です。
 
そのお店の『信頼と実績のパラメータ』です。
 
コメントや状態が同じならば、評価が多いお店から絶対先に購入されます。
 
 
 
僕の考えでは、ある件数をためるまでは評価を貰えるように徹底するべきだと考えています。
 
評価の件数目安は考察が必要ですが、僕の経験上ですと、
 
100件を目標にされると良いと思います。
 
 
 
評価がなくても売れていっていると思います。
 
しかし、それでは本来の土俵に上がっていません。
 
評価を集める事を意識して更に売上をアップさせるべきです。
 
 
 
 
▼PS
 
『全在庫の金額に掛け算』する評価を得る為に、
 
評価を効率的に得る為に、
 
実は重要なポイントとやり方とツールがあるのです。
 
 
 
僕の評価に関するコツの集大成をPDFとしてまとています。
 
どこでも見ていないような内容・ノウハウになると思います。

 

次回をお楽しみください

 

—————–

2012/8/17追記 出来ました!

↓ ↓ ↓

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメント

このページの先頭へ