長期在庫保管手数料とは

AmazonFBA長期在庫保管手数料

一例ではこんな金額に・・・↓

せどりではAmazonを主力で使われている人がほとんどなように、

Amazonは便利ですが手数料がいくつも細分化されていますよね。

それでいてそれぞれが当然意味合いが異なる手数料ですので

正直ピンと来ていない人も多かったりします。

また、最近では外注を雇っての自動化も進んできています。

もしくは出品代行など。

 

その場合でも、

在庫の手数料の数値的な管理は自分で行わなければならなかったりします。

 

そこで今回は・・・

FBAの『長期在庫保管手数料』という手数料について

今一度どんなものなのか。

 

『簡単に伝わらないかなー』と思いまして、

僕なりにほぐしてお伝えしていきますね。

 

長期在庫保管手数料とは、

文字通り『長期保管』されているFBA在庫にかかる手数料です。

 

ややこしい事に『長期』がつかない『在庫保管手数料』もAmazonにはあります。

こちらの通常の方は毎月FBA在庫に対して支払っていく手数料になりますね。

ご存知の通り明細に毎月出てきているやつです。

 

それに対して長期の方は半年単位です。

ただし、支払う基準の日付は決まっていて『8月15日』と『2月15日』に計算されます。

対象は、FBA在庫として1年が経っている在庫となります。

 

ですので、

いきなり半年後に支払うわけではなくって。

その商品がFBA在庫となってから最小1年は猶予があるわけなんですね。

※今回新たに課金対象となる在庫しかない場合、うち1点は課金対象外となります。

 

【いくらかかるのよ?】

 

金額的には数ではなく大きさになります。

縦10センチ×横10センチ×高さ10センチで170円です。

 

↓の表は本やCDにあてはめた例です。

AmazonFBA長期在庫保管手数料

CDを例にしますと、

【普通のアルバム1枚で約40円】

 

というわけです。

FBA在庫から1年経過して一度課金対象となれば半年毎に

アルバム1枚約40円かかるという事です。

 

良いですかね。

ここまでわかってくるとこういった疑問が出てくる事かと思います。

↓ ↓ ↓

【処分したいので前もって課金対象を知るには?】

 

これも簡単でAmazonの『在庫健全性レポート』を見れば一発です。

 

「長期在庫保管手数料の見積もり」という項目に金額が表示されている物が対象となる商品です。

 

そんな感じですので

僕たちが考えていかなければならない事は・・・

長期の手数料が課金される8月15日と2月15日までに

レポートから見積もり金額を確認し、

課金される物に関しては所有権の放棄を検討するという事です。

 

随分昔に仕入れたけれど今の仕入れ基準じゃ絶対仕入れないような物を破棄し、

課金金額(約40円)で販売していたら仕入れるというような物は残す。

という判断をしていかなければならないわけですね。

 

因みに所有権の放棄はFBA在庫管理より選択可能です。

 

また、所有権を放棄する為の手数料については1点約10円という感じです。

放棄ではなく自己配送に切り替えたいという場合は『返送』になります。

手数料も↓の表をご確認下さい。

 

まぁそんな感じでFBA在庫として出した物に関しては

何が売れ残っているのかというようなところは管理していくわけですね。

 

よほど回転の良くない商品を中心に扱っていない限り

金額的にはそんなに大きくならないと思いますよ。

 

▼参考までに

SKUに出品日と仕入れ金額までを組み込んでおくと

割と即判断しやすくなって効率的になりますよ。

 

では快適なFBAライフを!

 

 

⇒手数料の記事一覧はこちら

 

 

取材された雑誌

取材された雑誌が発売されました

スマホせどり

手元に届きましたが写真付で2ページがっつり紹介されています。恥ずかしや。

タグ

2013年8月12日 | コメント/トラックバック(0) | カテゴリー:Amazon Amazon手数料

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメント

このページの先頭へ