根こそぎ電脳せどりで160万

電脳せどり

先月は160万でした。その方法とは・・・↓

以前は粗利で利益率65%行きましたが

今回はリサーチを兼ねて割と手広くやってみましたので

まだ計算出来ていないのですが流石にもっと下がりますね。

 

月の最初の内は仕事帰りに行ったり電脳もガッツリやっていたのですが

後半は残業や家の事とかであまり作業が出来ませんでした。

 

しかも土日に仕入れに行ったのは処分しに行った一度だけです。 たった一度。

あとは全部会社帰りと電脳ですね。

 

配信や家の事など色々平行して160万でしたので

副業でも間違いなく200は行くでしょうし300も見えますね。

 

電脳の方はネットショップにオークション。

 

出品代行サービスショップと思われるショップが出品していましたので

そこら辺からゴッソリと根こそぎ仕入れてみたり。

1円落札や50円落札とかも出来ちゃいましたし。

 

あと楽天セールを始めとするショップのセールを狙ったり。

ボーナス時期だという事でかなり市場に活気出ている感じです。

 

かなり美味しい仕入れが出来ました。

 

あ、もちろん【電脳せどり至高の一手】の配信の方は継続しています。

ノンストップで。

 

隔週で音声配信と言っていましたが

思った以上に積極的な参加者さん達が集まってくれましたので

3日置きくらいには何かしら配信を通して

僕のノウハウや思考のインストールを行ってもらっています。

 

知ってても実践していなかったり どのくらい優先してやるべき事なのか

どういう考えを基準に立ち回っていくべきか

やっぱり実践者からの情報っていうのはかなり効果的のようですね。

 

『今回初めて電脳で仕入れられるようになりました』 という報告が本当に多いです。

 

肝心の音声コンテンツもたまってきています。

アンリミテッド電脳せどりをきっかけとして、

リファインドヤフオクせどりに、電脳王道ヤフオク出品側からの視点や

ネットショップ仕入れ考察みそ視点、オートマチック電脳せどりなどと

色んな角度から ストイックに電脳せどりに対して攻めこんでいます。

 

もちろん新ネタも含めてまだまだ控えています。

 

あと番外編などでは楽天などのスーパーセールの解説などもしています。

先日終わったセールですが定期的に行われる事と思考から応用も出来ますし

何より新たな在宅での一手を自分の立ち回りに組み込める事が一番のメリットですね。

 

在宅の恩恵は計り知れませんね。

中々外出出来ないので本当にそれを実感しています。

 

▼PS

もうほとんどの読者さんが申し込みしてくださったので

問題ないはずなのですが一応告知です。

今週で募集締め切りますね。

電脳せどり至高の一手

 

▼PS2

PSにも書きましたが 【電脳せどり至高の一手】の募集については

しれっと終わっていると思います。

 

だいぶ電脳で稼げましたので週末は伊香保温泉行ってきます!

初の家族旅行ですので露天風呂がお部屋についてて懐石料理も楽しめるという超贅沢プランにしてみました。

楽しみです。

 

ではまた次回ですね。

電脳せどり至高の一手関連記事

 

電脳せどり至高の一手リリース

 

アンリミテッド電脳せどりを配信しました

アンリミテッド電脳せどり

 

既に電脳せどり至高の一手での成果報告が来ています

 

ネット徘徊を電脳仕入れへ転換

電脳せどり特典

 

おと式電脳せどりforネットショップは高額?

おと式電脳せどり

 

至高の一手100名突破!アンリミテッド電脳せどり成果報告

アンリミテッド電脳せどり

 

電脳せどり至高の一手参加者が成果をあげられました

電脳せどり至高の一手

 

リファインドヤフオクせどりを配信しました

リファインドヤフオクせどり

 

とある電脳せどりの落札状況

スナイパーせどり

 

爆発的な新しい電脳せどり1つの最終形

爆発的な新しい電脳せどり

 

楽天スーパーセールでPS3本体を電脳せどり

楽天スーパーセール

 

AKB48からの週商50万

AKB48からの週商50万

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. ジールス より:

    はじめまして。ジールスと申します。せどりは知識が全くないので勉強させて頂きます。

    • みそ より:

      ジールスさん
      はじめまして。みそです。
      ブログは2年続けましたので過去ログもたまっています。
      全部読破してみてください。それだけで有料教材レベルの情報は集められますので。


コメント

このページの先頭へ