ウイルス性胃腸炎は経口補水液OS-1だけを飲むべしと学んだ記録

『ウイルス性胃腸炎』これが無ければ死んでた・・・↓

OS-1

毎年流行ってますよね。ウイルス性胃腸炎

僕は滅多に病気にならないので全然意識してませんでした。

アレです。

完全に舐めてましたよ。

 

子供の嘔吐経由であっさりと感染してしまいました。

見た話ですが便や嘔吐した物の1gに何億かのウイルスが入ってて

それの10個くらいが口に入っただけでNGだとか・・・

本当に完全に舐めてましたよ。

 

潜伏期間をちょうど丸2日挟みました。

寝ようとしたところいきなり気持ち悪くなって吐き気でうなされました。

そのまま根性で我慢して寝ようと思ったのですが朝方まで気持ち悪く

熱が出てきて38度。

 

数字が出ると不思議と認めちゃうものでして

途端にお腹が下りだしてトイレがお友達状態です。

最初は辛かったですけど出ちゃうものが全部出れば

あとは1時間に1回はお水だけ出るって感じで、

なんだか女子になった気分でした。

 

翌日、何年ぶりかにふらふらになりながら病院まで行き

死ぬほど長く感じた待ち時間の後に診察、点滴となりました。

ここで始めて

『ウイルス性胃腸炎』

だって知ったんですが。

 

でも、「ノロ」だとか「ロタ」だとかまでは検査しないとわからないみたいですね。

検査しても1週間とか時間がかかっちゃうので意味がないとか。

そういうもんなんですね。

 

その後は安静にしていまして

熱は1日で下がったのですがお腹が3日ほど続きましたね。

 

どうなんですかね。

結構早く治った方だと思います。

 

ちょっと気をつけてみたのが、

ひたすらに経口補水液OS-1を飲み続けた事です。

脱水状態時にベストな飲料かと。

OS-1

何かイイって聞いた事があったしネットでもイイって見たので

これを何本もバカのように飲んでました。

 

ポカリのようなんですが、が少しだけ「しょっぱい」んですよね。

でもすぐ慣れますが。

常用出来るレベルの味です。問題ありません。今飲み直してみても。

 

今回、この「OS-1」にかなり助けられましたので今後も常備しておきたいですね。

 

ただ、1本¥200してちょっと高いのですよね。

Amazonだと¥175くらいにはなるみたいですが箱買いになります。

賞味期限が9ヶ月との事ですのでちょっと買いだめは現実的でない気がします。場所的にも。

大人しく定価付近で3本ほどの常備がベストでしょうね。

⇒ゼリーもあったのか

 

ちょっとした失敗談としては

一回、お腹の調子が完全でない状態で

OS-1だけだとお腹が空くので普通に食事してみたんですよ。

そしたら出てくる物が出来てしまったので、お尻が痛くって。

 

それまではOS-1だけだったので女子みたいなトイレだったのですが

物が出るだけで痛いんですよね。これは本当に辛かったです。

出したいのに痛くって出せない。

 

ご理解していただけると思いますが、

こんな最悪な事ってありませんよね。

 

ただ、まぁこういった経験を積んだおかげで

かなり病気に対する意識みたいなのが変わってきました。

 

何事も経験ですよね。

頭でわかっていても経験してみないと実際のところわからない。

 

今では経験が蓄積されたと、プラス思考で受け止めています。

健康は資産ですからね。家族を持ってそれが良くわかります。

 

実はFBAでも失敗談がありまして・・・

今回それを書こうと思ったのですが余談が長くなっちゃったので次回にします。

 

では。また次回ですね!

 

タグ

2013年12月11日 | コメント/トラックバック(0) | カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメント

このページの先頭へ