本屋で簡単にせどりが出来る漫画についてと最終回に付録という付加価値

上の仕入れ画像にはとある漫画の最終巻が含まれています。

有名ですよね。 何だかわかりました?

本屋に良く通っている人には簡単だったかもしれません。

 

買わなくともせどりでなくとも、本屋は寄っておいた方が良いです。

表紙や平積みをパパット見るだけで流行が追えてくるからです。

 

本なのでネットやニュースよりも情報は遅いのですが、

自分が注視していないジャンルなんかも一目瞭然となるのでオススメです。

 

会社帰りに本屋があって見て帰る癖がある人もいると思いますが、

結構な情報収集になりますよね。

 

実店舗がベストですが、

amazonランキングで上位を見ていくってのでもアリです。

 

気になる画像の漫画のタイトルですが

「エヴァンゲリオン」の最終巻の14巻プレミアム限定版です。

 

確か自分が学生の時に2巻くらいまで出ていて

月刊誌連載なので中々次の巻出ないなーって感じで、

20年近くかかってようやく今回の14巻です。

(20年近くかかって14巻ってすごいペースですよね)

 

ただ、学生の時からずーっと見ていたわけでもなく、たまたま気付いたんです。

何種類か使っているニュースアプリの中でPressoという「はてな」のアプリがあるのですが、

それをいつものように通勤時に見ていたら、

「最終巻出るよ」的なニュースがあって 頭にインデックスされた状態だったんですね。

 

で、それでふと本屋に寄ったら発売されていて5冊買ってみたら、

即売れしたというわけなんです。

 

ちょうどFBA在庫をamazonに送るタイミングだったので一緒に送ったんです。

そうしたらFBAなのでちょっと高くても即売れだったというわけです。

 

amashowで見るとわかりますが、

定価が¥1382なのに 発売日の11/20から定価オーバーしてますよね。

※因みにamashowはモノレートというサイト名に変わったようです。

まだ年末までは売れると思うので、仕入れて即売りしてみて良いと思います。

 

また、先日ジャンプでは「NARUTO」が最終回を迎えましたが、

そのジャンプの50号がヤフオクで2000円もの値をつけています。

調べたツールはこれです。

 

因みに今のジャンプの定価は255円ですのでかなり凄い事ですよ。

持ってる方は今すぐヤフオクまで。

 

今回言いたかったのは「最終回」というのは付加価値となるという事です。

自分の情報のフィルターとして1つ持っておいて良いかと思います。

⇒とりあえず検索してみる。

 

これですよね。

楽して稼ぐ為にはこういう地道なリサーチが大事ですよね。逆に。

 

あとは漫画ついでなんですが、 これの事件知ってますか?

月刊アフタヌーンで昔連載していた「寄生獣」が、

アニメ&映画化で復活しその宣伝かミギーというキャラのフィギュアを付録にしたんですね。

 

ただ、ミギーをイヤホンジャックに入れて使用すると、

先が折れたまま取れなくなるとかの不具合で回収となったんです。

 

自分は回収なくても定価越えしたと思いますが、

とにかくプレミアとなったんですね。

あまりグッズのない漫画(未アニメ化という考えで大体OK)でグッズが出た時はちょっと熱いですね。

 

あと、最終回とグッズ絡みだと 「鋼の錬金術師」が連載されていた

少年ガンガンの最終回掲載号では 付録がついていて(メモリアルクロック)3000円の値をはっていました。

 

・・・。

とまあ、情報収集だけでなく直接本屋でせどる事も全然可能ですので、機会があればやってみると良いですよ。

 

リサーチのきっかけになれば何よりです。 ではまた。

色々ネタストックがあるのでまた更新しますね。早く放出したいです。

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメント

このページの先頭へ