ヤフオクパターンA~D診断はどれですか

ヤフオクせどり

ヤフオクとAmazonをどう使い分けたら良いのか・・・↓

ヤフオクで出品無料回数増加してますよって言ったと思うのですが

色々質問などありますので展開しておきますね。

 

ヤフオクとAmazonの使い分けについて

 

Amazonとの使い分けですが・・・

僕はFBAの在庫がほとんどです。

 

何をAmazonに出しているのかと言うと

本・CD・DVDを中心に、

ゲーム・家電・フィギュアととにかくFBA重視で送っています。

ヤフオクでは一時期100点ほどありましたが

現在は約30点ほどに縮小していますよ。

 

そして、ヤフオクに出しているこの約30点については

実はいくつかパターンがあったりします・・・

 

そこで・・・

今回は僕がどういった物を『ヤフオク逝き!』としているのか紹介してみたいと思いますね。

どんなパターンに当てはまるのか考えながら読んでいって下さい。

 

『ヤフオク逝き!』と判断するパターンA

Amazonにも出している物

これは高額商品などですね。

めちゃくちゃなプレミアが付いている物。

 

販路は多い方が良いのですが出品は面倒なので金額が高い物だけです。

また、まだ寝かせれば寝かすほど値上がりすると判断出来る場合も含みますよ。

そういった物はFBAに預けてしまうより、

『じっくり手元で可愛がり(寝かせ)たい』という気持ちですね。

(ぶっちゃけ保存手数料をケチっているのです)

 

そういう物は高めで置いておく感じですね。

あと、これはつい先日の話なのですが

試験的にFBAへ出したら約5万で売れたりしています。

 

【¥1500⇒¥5満】とかって破壊力ハンパないです

 

高額商品は安心AmazonのFBAがメインだけど出口を増やす為にヤフオク。

ヤフオクで売れたらラッキー!という程度のレベルに感じています。

 

『ヤフオク逝き!』と判断するパターンB

特典と抱き合わせでAmazonで出すよりヤフオク相場の方が良さそうな物。

ヤフオクは特典を写真で表に出せますのでアピールによってはそこで高めに売れる感じですね。

あと基本はラクしたいのでAmazonが第1でヤフオクが2番手です。

特典だけの場合などもヤフオクですね。

 

『ヤフオク逝き!』と判断するパターンC

不要品です。

また、まだ使えるような物はそのまま捨てずに基本的にヤフオク逝きです。

これ特に初心者は絶対やった方が良いです。

常に何でもヤフオク相場を意識して下さい。

 

特に何か買った時についででもらえる「おまけ」ですね。

それを入手する為に必要な金額の相場になる事が多いですよ。

また、期間限定・販売箇所限定で手に入るけれど、ゴミのような物なんかでも割と値がつきますね。

不要品だけどヤフオク相場も安い。という場合ならリサイクルショップ逝きにします。

もちろん査定中は実店舗せどり。

ブックオフ以外の買い取りショップはライバル少ないですからね。

 

『ヤフオク逝き!』と判断するパターンD

まとめると相場が上がる物。

僕の中では相場が上がる物というのは結果で、

実際には『僕自身の力で相場を上げている』という感覚です。

 

更に言えば、「まとめる」というのは1つの手段でしかなく、

正確には『高く売れるページが作れる商品』という感じです。

それが可能だと判断出来るような場合。ですね。

 

ヤフオク出品ページも1つのWEBページなわけです。

僕はあまり『機械的に出す』という事をやらないのですね。

 

以上のA~Dパターンが僕の出品パターンでした。

どうですかね。

特にDパターンの『高く売れるページを作れる商品』

量産的に出品しているライバルが多い中で

この視点が普通は無いので狙い目ですね。

これが一番テクニカルですが一番割が良いという事です。

実は前回のメールで1日で7万売り上げて3万の利益取ったって言ったのは

実はこのDパターンだったのですね。

たまたまでなく昨日も3万ほどDパターンだけで売れていますよ。

 

まとめると簡単な話で・・・

『AmazonのFBAは量産型』

(当然量産と言ってもコメントはちゃんと書く)

 

『ヤフオクはヤフオクだからこそ高く売れる物』です。

 

これは、ヤフオクで量産しようとして大変な思いをしたけど

全然売れなかったという悲しい経験からの着地点です。

 

更に手数料で言えば

Amazonは楽で売れやすいけど手数料の問題があります。20%だとして、

ヤフオクでは5%ですので15ポイント違います。

 

現在Amazonで同じ思考のライバルが増えつつある中で

短い出品コメントがテンプレな形になってきていますが、

ヤフオクのようにほぼオリジナルのページを作れる市場。

差別化というか、小さなブルーオーシャンを試して冒険して見つけていく感じです。

 

量産可能なAmazonせどりが爆発的に広まった現在

今後ヤフオクスキルが益々伸びてくると感じてならないです。

 

【電脳せどり至高の一手】に参加していれば

出品者側からの音声など良く聞いておいて下さいね。

 

『これからでリスク無く』という場合は

不用品とおまけでお菓子代程度を稼いでいくのが良いですよ。勉強にもなりますし。

コンビニだけでも稼げますからね。

 

いつも読んでいただいているあなたには

僕の経験が参考になれば何よりです。

 

ではまた次回ですね。

 

PS

今ここまで書いて思いつきですが

本当の初心者向けにコンビニ企画とかやったら楽しそうですね。

誰でもリスク無く出来ますし。

 

前回のヤフオクの記事

ヤフオクデビューのチャンス

ヤフオク

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメント

このページの先頭へ