MS910という安いバーコードリーダーを購入した話

MS910ビームせどりiPhone

バーコードリーダーMS910 新機種導入!

Amazonで購入。その使い心地とは・・・↓

 これがMS910!

小型で¥12600は安い!

安過ぎるぅ!!

 

最近、コレ ↑ のお問い合わせが集中しています。

ですので、

僕もKDC200を持っていながらこっちも購入しちゃいました(笑)

 

これまでビームせどりで使用するバーコードリーダーって

手のひらに収まる物では結構なお値段がしました。

 

僕が以前からお勧めしていたKDC200は三万円しますよね。

もちろんKDC200の方が性能は良いのです。

 

ただ・・・

『欲しいけど手が出ない…』

 

『高額なのである程度利益が出てから…』

 

そういった形で結構まだ持っていない方も多いのが現状です。

 

かくいう僕自身も実はせどりを始めてから、

ビームを手にするまで一年近くかかっています。

(ふざけるくらい慎重派ですよね)

 

で、手にしたわけですが…

『本当にさっさと投資しとけば良かった!』

 

と後悔したものです。

あまりにも速過ぎるので。

 

どれだけの機会損失をしてたんだろう・・・

 

古本を100冊仕入れる日はもちろんの事、

CDを100枚仕入れる日もありました。

 

カメラでのバーコードスキャンと比べても

ビームを使えば三倍は多く検索出来たかと思います。

 

これが手打ちでピコピコしてたら個人差はあると思いますが、

それこそ10倍近く違うんじゃないかと・・・

 

金額にしたら恐ろしい事になりそうですよね。

まぁ僕のふざけたような失敗談はもう良いのですが・・・

 

そんな超小型タイプのバーコードリーダーは超便利です。

 

『ですが、やはり高い!』 今までは。

これがMS910の登場により

一気にリーズナブルなものになったという事ですね。¥12600です。

 

Amazonで『バーコードリーダー』で検索すると、

せどり用としては一番上に表示されています。

 

少なくとも読者の方には稼いでいただきたいので

今回はこういった物を紹介してみました。

今の時期は新年度前の処分品が多いので使いどころは豊富かと。

 

ビームだから全頭検索(片っ端から)をしなければならない。

というわけではありません。

(最初はそれで良いのですが)

 

自分が慣れてきたジャンルはピンポイントで検索する。

1店舗での検索ジャンルを拡大していく。

 

そういった効率化への投資を図る事で

1日の仕入れの量が増えてきますよ。

 

で、肝心のMS910の使い心地。

問題ありません。

KDC200に比べると飛距離と精度は若干劣りますが、

3分の1の価格と考えたら優れたコスパです。

 

将来、息子が・・・

『せどりをやりたい!』

 

と言ったら、

間違いなくせどり風神とセットでこれを用意します。(言わせねえよ!?)

 

他にも・・・

初めてのビームに買っていただいた方も

これの速さに感動されてます。

 

⇒MS910という小型バーコードリーダー

 

設定方法はこちらからどうぞ! 

 

▼追伸

因みに僕はiPhone4のiOS5.1でせどり風神にて検証を行っています。

改行設定方法・スペック・Androidについては需要があればまた更新しますね。

 

公式サイトでは無料貸し出しをしているようです。

また、お問合せも良い対応ですので対応機種か確認すると教えてくれるかも・・・

ユニテック公式サイト(貸し出し・お問合せ)

 

ビームせどり関連記事が好評です

3.MS910設定完了!iPhoneにてHID接続

4.MS910で改行出来ない?AndroidのSPP接続

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメント

このページの先頭へ